最新情報・コラム

column
カテゴリー別アーカイブ:

自閉症スペクトラム

療育では支援する側の工夫が重要です。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD、ADHD、LDなどの発達障害のある子ども達は、 それぞれの持つ特性によって様々な困難、困り事があり、 生活面、学習面、人間関係の面などで 大きなストレスを感じています。 それを軽減し改善していくために 子ども達に […]

続きを読む

発達障害の特性への対処は周囲の協力も欠かせません。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)やADHDなど発達障害では、注意力が散漫だったり、自分の興味関心がある物ごとには異常な集中力を発揮して「過集中」になりやすいなど、集中力、注意力の面で特性のある子ども達が多くいます。過集中にな […]

続きを読む

感情が薄い?ASDの子の特徴と自分の気持ちを人に伝えるトレーニング方法

ASD(自閉スペクトラム症)の特性として、 相手の気持ちや感情を推察しにくいというものがありますが、 実はそれは他者だけでなく、自分自身の気持ちや感情にも 気付きにくいということになります。 自分の気持ちを客観的に見て、 […]

続きを読む

コミュニケーション面でのサポートが子ども達には欠かせません。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)など 発達障害を持つ子ども達の多くは、 対人関係やコミュニケーションの面で 様々な困難さ、問題を抱えています。 対人関係の問題はどうしても大きくなりがちで、 早めの […]

続きを読む

障害特性を理解し生活しやすくなる療育支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達の行動は、 往々にして過剰なこだわりと集中が特徴的です。 これは生まれもった思考構造によるもので、 柔軟性が弱く変化に対応するのが難しいためです。 ASDの子どもにとって、いつ何が起 […]

続きを読む

会話はASDの子ども達にとって難易度が高くとても混乱させるものです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

私たちが普段何気なく行っている「会話」は、 発達障害、中でもASD(自閉症スペクトラム)の 子ども達にとってはとても難しく、疲れることです。 関連記事:発達障害で会話のキャッチボールができない子の特徴と上達のコツ 会話に […]

続きを読む

子どもの特性を理解し将来につながる療育支援を行います。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、 別の視点から物事を見たり、他人の立場になって考えてみる というようなことが困難です。 例えば同じ出来事を体験した時、見え方や感じ方、聞こえ方などは 人それぞれに少しずつ違うもの […]

続きを読む

苦手は克服だけでなくそれに対応するスキルを身につけることが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の特性として、 先のことを予測したり想像することが苦手という特徴があります。 もし予想外のことが起きたり、いつもと違うことが起こると 混乱して対応できず、パニックになることもあります。 パニッ […]

続きを読む

発達障害特性による苦手は克服だけが解決方法ではありません。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

小学校の授業では、よくグループごとに分かれて話し合いをする という学習の時間がとられます。 クラス全体での活動とは違った学びがありますが、 ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達にとっては 苦手な活動の1つです。 一度に […]

続きを読む

ASDでもADHDでもコミュニケーション面の苦手さがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDでもADHDでもコミュニケーション面の苦手さがあります。 ADHD・ASDなど発達障害によるコミュニケーションの苦手と向き合うヒント 発達障害を持つ子ども達の中には、言葉に遅れがあるわけでもなく 話すことが好きなの […]

続きを読む