最新情報・コラム

column

今月のスタッフテーマ【教室の方向性を決める】

【教室の方向性を決める】

今、天神町には「今月のスタッフテーマ」というものがある。

指導員がそれぞれ子どもに対して思うこと、感じること、

関わり方それぞれ異なる。

そんなことを感じたのが、

スタッフミーティングを頻繁に重ねていた3月末のことだった。

あ、このスタッフはこんな見方、こんな考え方してるんだと。

話してみることで気づくことは多い。

それは大人でも同じことだ。

そんなことから感じたのはそれぞれ異なる意見を持つのは

良いことだけど、こどもへのアプローチはそれでいいのか。

モヤモヤができた。

「教室としての方向性だけは統一したい」

そんなモヤモヤを晴らすきっかけが

スタッフテーマという行動になった。

教室の色、子どもの特性、教室スタッフが出す雰囲気などがあるが

ぜひ作ってみてほしい。

簡単でいいんです。

「1日1回必ず褒める」

「ハイタッチをする」

「静かな活動での参加率を高める」

「親御さんと仲良くなる」

・・・と言いつつ、天神町は小難しく考えている汗

天神町のスタッフテーマは、

4月「こどものすべてを受け入れる」

新学期の新しい環境への不安定になりがちな

子どもたちを受け入れること。

5月「子どもの先を見て支援しよう」

・危機察知の先読み

・スタッフの言動がその子どもの生活に

どのような影響を与えるのか先読みをする

6月「子どもを見極めよう」

・運動会も落ち着き、子どもの本当の姿が見れる。

その子ができること、できないことを見極めて

支援の仕方、サポート、声掛けを適切なレベル設定で行なう。

【教室の方向性を決める】

子どもの支援を行うにあたって必要なこと。

ぜひ月曜日のミーティングで話してみて下さい。

今週も頑張りましょう!!

~~~~~~~~~

柴崎裕貴

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る