最新情報・コラム

column

発達に凹凸のある子ども達には1人1人に合った進学・進級先が重要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に凹凸や遅れがあるお子さんをお持ちのご家庭では、
これからの進学先、進級先について、悩んだり迷いながら
お子さんにとって一番良い選択をされていくと思います。
その時は障害の程度や知的障害の有無などだけでなく、
その子に合った環境を見つけてあげることが大切です。

例えば、発達に気になるところはあるものの診断が
つくほどではないグレーゾーンの子ども達の場合は、
特別支援学級での授業内容では物足りなくて
通常学級が合うケースや、
通常学級で学習面では問題ないが集団行動や
コミュニケーションの面でうまく生活できず、
落ち着いた特別支援学級の方が合うケースなど
1人1人合う環境が違ってきます。

周囲が子どもの特性を理解し、環境を整えながら
良い方向に導いていけるように、私たちもサポートを
していきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムから
「ぶら下がりジャンプ」をご紹介します。

まず鉄棒の前後に1つずつフープを設置します。
フープは直径30cmほどの小さめの物が良いです。

子どもは手前のフープの中に入って鉄棒を握り、
体を何度か前後に振ったら前のフープの中に着地します。
着地ではふらふらしないように意識し、
それぞれ好きなポーズをとってみても楽しめます。

たくさん体を振れると良いので、回数を数えてみたり
友達と競争してみるのもおすすめです。
ぜひ長い時間ぶら下がっていることができるように、
楽しめる設定や声掛けをしながら遊んでみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る