発達障害の有無に関わらず早期の療育活動が効果的です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害傾向のある子どもを育てていると、
・育てにくいと感じる
・他の子と比べて変わっている気がする
・なかなか話が通じない
・落ち着きがない
・異常に忘れ物が多い
・友達とうまく遊べていない
など、親が子どもに対して少しずつ違和感を感じるように
なってきます。

最初は発達障害かもしれないと頭をよぎることがあっても
「まさか」という気持ちの方がほとんどだと思います。
しかし、この気付きがとても大切なので
発達障害の診断の有無に関わらず、その子にとって必要であれば
できるだけ早期に療育を始めて欲しいと思います。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラム「クマさん歩きから前転」をご紹介します。
ゴール地点にはマットを敷いておきます。
クマさん歩きでまっすぐ進み、マットの手前に着いたら、
足の間から後ろを見るように促します。

この時、マットに頭をつけることができれば
そのまま前転の動きにつながってきます。
できそうなら自分で前転をしても良いですし、
まだあと少しという場合は、補助で回してあげても良いです。

一連の動きを覚えていることだけでも記憶力の刺激になります。
体の柔軟性や腕の支持力、回転感覚を遊びながら育てていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る