最新情報・コラム

column

「ラッココースター」で人を意識しながら遊びます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「ラッココースター」のご紹介をします。

子ども達には床に仰向けになり、ひざを曲げて足を少し上げてもらいます。

指導者は子どものひざの裏に手を回して持って、そのまま後ろ向きにひっぱります。

 

スムーズに進めるようにするために、子どもは背中を丸めて少し持ち上げた状態を維持し、

左右に倒れないようにバランスをとりながら行なうようにします。

しっかり腹筋に力を入れておくことで進みやすくなり、

左右にふられずにバランスをとって進むことができます。

 

また、人に引っ張られることで相手を意識することもでき、

コミュニケーション力を育てることもできる遊びです。

慣れてきたら子ども同士でペアを作って行なっていってみましょう。

 

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る