特性が疲れやすさにつながる場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達の中には、
「疲れやすい」と感じている子ども達が
多いのではないでしょうか。
疲れやすい原因としては、幾つもの要因があります。

過集中、頭と体の多動、感覚過敏といった特性や、
特性からくる睡眠不足や、対人関係で無理をしているなどの
ことが疲れにつながりやすく、
自分1人では対処していくことが困難です。

それぞれの様子に合わせて、無理のない生活が送れるように
サポートしていくことが大切です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から
「サルのボール上げ」をご紹介します。

鉄棒に脇を締めて肘を曲げた状態でぶら下がり、
膝を曲げて足を上げ、サルのぶら下がりをします。
そしたら、鉄棒の下に置いてあるボールを両足で挟み、
体を前後に振って反動をつけたら、
ボールを前方に飛ばします。

初めはできるだけ遠くに飛ばせるようにやってみます。
そして、少しずつ狙ったところに飛ばせるように
箱や目印を置いてやってみたり、
子どもの前に指導者が立って、パスしてもらったりします。
パスしてもらう位置は、低いところから始めて
少しずつ高くしてみてください。
足を高くまで持ち上げてパスができるようになると、
逆上がりの時の足の蹴り上げにもつながります。

腕の懸垂力や腹筋が強く必要になる遊びなので、
補助も行ないながら個々の段階に合わせた方法で
取り入れていき、無理なく楽しみながら行いましょう。

お問い合わせはこちら