早期療育が子どもの力を伸ばし可能性を広げます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に遅れや凹凸のある子ども達に必要な療育ですが、
やはり早期から始めることがとても大切です。
小さい頃からその子の特性を周囲が理解し、
特性に合わせた関わりをしていくことで
発達を促しながらその子の持っている力を
大きく伸ばしていくことができます。

また、発達障害で問題になるのが二次障害ですが、
早期に療育を始めることによって二次障害も
防ぐことにつながります。

子ども達の可能性を広げていくためにも、
早期療育で支援・サポートをしていくことが重要です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から
「忍者カンガルーが転んだ」をご紹介します。

「だるまさんが転んだ」をカンガルージャンプで行います。
できるだけ足音がしないように、
かかとを上げてつま先ジャンプで進むようにします。

動く→止まるを明確に行なって体のコントロール力を高め、
鬼の言葉のリズムに合わせて動くことで
リズム感が養われると共に、感情をコントロールするような
力も身についてきます。

また、一番になりたくて走りたくなりますが
最後までカンガルーさんで行うことがポイントです。
膝にハンカチを挟んだりして、足を閉じたジャンプを
維持できるように意識して遊んでみてください。

お問い合わせはこちら