最新情報・コラム

column
タグ別アーカイブ:発達性協調運動障害

日常生活を妨げる困り事を見つけ生活QOLを上げていきましょう。 放課後津デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達の中には、 「歩き方や走り方がぎこちない」 「よくぶつかったりつまづく」 「姿勢が保てない」 「言われた通りに体が動かせない」 「複雑な動きが苦手」 などの、身体的不器用さがあり 日常生活へも支障を […]

続きを読む

発達障害の子ども達が転びやすい・動きがぎこちないことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子どもはよく転びますが、それは頭と体の比率やバランス感覚の 未熟さなどからみても、ごく当たり前のことです。 次第に体が発達してバランスがよくなってくると、転びにくくなり 安定して歩いたり走ったりできるようになります。 し […]

続きを読む

発達性協調運動障害を併発していることもある発達障害児。療育で支援していきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の中には、発達性協調運動障害を併発している子も多く、 手と足、手と目、右手と左手など1つ1つの動きを 同時に行なうのが極端に苦手なことがあります。 そのため、ボール投げや縄跳び、自転車に乗るような大きな […]

続きを読む