発達障害の子ども達では感覚統合がうまくいっていないことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

私達の体の感覚には五感(視覚、味覚、嗅覚、触覚、聴覚)と、
固有受容覚、前庭覚の7つの感覚があります。
これらの感覚で、日々とても多くの刺激受け情報を処理しながら
生活をしているので、入ってくる様々な情報を適切に分類・整理し、
まとめてくれる感覚統合の力がとても重要になります。

しかし、この統合がうまくいかないと、次々に入ってくる感覚の強弱を
調整したり、受け入れる量を調節することがうまくできないので
混乱した状態になってしまいます。

そしてそれが様々な不適応行動につながったり、対人関係、学習面、
生活面での困難などにつながってしまうので、
感覚統合の訓練になるような遊びを取り入れ、
遊びの中で少しずつ力をつけていけるように促していきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「片足クマの前転」をご紹介します。

片足クマの動きから前転をします。
片足クマの時は顎を開いておき、前転をする時は顎を閉じて
後頭部からマットについて前転をします。
そして、顎を閉じると同時に足で地面を蹴って回転するのがポイントです。

顎を閉じるタイミングが合わなかったり、地面を蹴れていないと
うまくできないので、慌てて行なわないように、
1つ1つのポイントをしっかり確認しながら行なってください。

こうした連続した動きは難しいかもしれないので、
まずはクマ歩きから片足クマ歩き、片足クマから前転というように
ゆっくりつなげていき、連続した動きに挑戦してみるのも良いです。

また、指導者のお手本や補助によって、イメージを持ってできるように
してあげることも大事です。
子どもに合わせてやりやすい方法を見つけてあげてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る