運動不足は体だけでなく心や脳の不調にもつながる問題です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

今は、大人だけでなく子ども達も運動不足に
なっている時代です。
運動不足は、体力や筋力の低下、肥満といった
問題だけでなく、心身の様々な不調につながります。
不眠やイライラ、集中力が低下したり、
自律神経が乱れて体調不良が続いたり、
将来的な精神疾患にもつながりやすくなります。

こうした不調によって本来持っている力が
発揮しにくくなって、できるはずのことが
できなくなったり、スムーズに力を身につけにくく
なったりもするので、
目に見えている症状だけでなく
その根本にあるものもしっかりと見ながら
子ども達の成長発達を促していくことが大切です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで
提供している運動療育プログラムの中から
「合図でダッシュ」をご紹介します。

子どもはスタートラインに立ち、
かけっこのスタート姿勢をとります。
そしてスタートの合図があったら
ゴールに向かって走り、ゴールラインを越えずに
ゴールラインでピタッと止まるようにします。
走り抜けるのではなく止まることで
足の踏ん張り力を育て、
空間認知や身体コントロール力、
バランス力などの向上にもなります。

これができたら、スタートの姿勢を体育座りや
後ろ向きにうつ伏せの姿勢などで待つようにします。
そうすると、さらに機敏性や柔軟性を養いながら
集中力も育てていくことができます。

それぞれの段階や課題などにあわせながら行い、
メリハリのある運動を楽しんでみてください。

お問い合わせはこちら