最新情報・コラム

column

子どもの工夫する力を育てながら足を閉じたジャンプの練習です。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「忍者おつかい」のご紹介です。
おつかいカンガルーの応用遊びなので、形はカンガルーです。
カンガルーで、足の間に雑巾を挟んでジャンプしながら障害物を越えていきます。
障害物を跳ぶ時に足が離れて雑巾が落ちやすいので、
どこの位置に挟めば落ちないのか考えてみましょう。
障害物の高さを子どもが確実に跳べる高さに設定することも必要です。
ジャンプする位置やタイミング、高さなどを考えながら、
焦らずに行なってみましょう。
何度も落としてしまう場合は、通常のカンガルージャンプを再度行い、
着実に力を付けていけるようにしましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る