特性は育てにくさにつながりやすく早期対処が大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に凹凸のある子ども達には、
じっとしていられなかったり
話がかみ合わなかったり
感覚過敏があったり
すぐパニックを起こしたりと様々な特性があり、
それが育てにくさにつながることがあります。

そのため、親御さんは自分を責めてしまうことが
ありますが、育て方の問題などではなく
その子が生まれ持っている脳の特性から
起こる症状です。

早い段階で適切な療育支援を受けることで
気になる行動や困りごとが減って生きやすくなり
将来の生活にもつながっていくので、
支援を必要としている子ども達に支援が
行き届くように活動していきたいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの
教室で提供している運動療育プログラムの中から
「うで曲げ我慢ゲーム」をご紹介します。

鉄棒を逆手に持ち、脇を締めて肘を曲げた状態で
ぶら下がります。
両足は膝を曲げて、体を小さく丸めるようにします。

少しずつ長くぶら下がれるようにチャレンジしていき、
慣れてきたら誰が一番長くぶら下がっていられるか
競争をしてみましょう。

もし脇を締めることがわかりにくい子がいたら、
脇に「魔法ののり」を塗ることで意識する場所を
実際に触ってあげるとわかりやすくなります。
他にも、腕がしっかり曲がるところまで
お尻を持ち上げて補助をしてあげたり、
それぞれの子に適した声掛けや補助を行うことで
無理なくできるようにしましょう。

お問い合わせはこちら