運動療育は感覚統合のトレーニングにもつながります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

私たちは、光や音、においなど外からの様々な刺激を
受けながら日々の生活を送っています。
そうしたたくさんの刺激を感じとる「感覚」には、
よく言われる「五感」と「前庭覚」「固有覚」の7つの
感覚があります。

これらの感覚をスムーズに分類・整理することを
「感覚統合」といいますが、
この統合がうまくいかないととても混乱した状態に
なってしまいます。
発達障害の子ども達では、そういった症状のある子が
多いので、1人1人に合わせたサポートが必要です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から、
感覚統合のトレーニングにもなる遊びをご紹介します。

まず、床に幅のある1本線を作っておきます。
子どもはこの線の上に乗ったら、
そこから落ちないように約束します。
そしてコップの上にボールを乗せたものを手に持ち、
ボールを落とさないように1本線の上を歩いていきます。
うまくできたら、ボールを風船に変えてやってみたり
両手にそれぞれ持ってやってみたりしましょう。

この遊び方だと、ただの1本線渡りよりもスピードが
抑えられるので安全で、正確性という部分での
楽しさが見出せてくる子もいます。

1人1人の様子に合わせ、うまく子どもを満足させてあげながら、
いろいろなスキルの習得、苦手の軽減につながるように
導いていきましょう。

お問い合わせはこちら