発達障害を持つ子ども達には特に運動がおすすめです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動は、体だけでなく脳の前頭前野を活性化させてくれる
などの様々な良い影響を与えてくれるものです。
そのため、子ども達の発達においては欠かせないものですが、
特に発達障害のある子ども達にはおすすめです。

子どもの運動能力、得意不得意や興味関心など
個々に合わせた内容と、
モチベーションをあげる声掛け、
やりたくなる動機付けや導入など
細かなところにも工夫・配慮をしながら、
それぞれの課題である力が効果的に
身に付けられるように療育活動をしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの
教室で提供している運動療育プログラムから
「ケンケン遊び」をご紹介します。

子ども達は一列になって、前の子のあとについて
ケンケンで進んでいきます。
前の子をよく見て、遅れたりぶつかったりしないように
集中して行なっていきましょう。

右足ケンケンの次は左足ケンケン、
たまに両足ジャンプになったり、
慣れてきたらリズムを変えたり
障害物をくぐったり目印にタッチしたり、
途中でいろいろな動きが出てくるようにして、
前の子と同じ動きができるように
してみても良いです。

無理のない範囲で、楽しく取り入れてみてください。

お問い合わせはこちら