子どもには、できなかったことができるようになる経験がとても大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達は、日々の生活の中で多くのことを学び
いろいろなことができるようになっていきます。
子どもにとって、できなかったことができるようになる
という経験はとても重要で、
そういう繰り返しを通して、何かができるようになる喜びを
自ら見出していけるようにしてあげられると
とても良いと思います。

発達障害の特性があると、人と同じことはできないかも
しれませんが、できることも得意なこともたくさんあります。
1人1人の持っている力を最大限に伸ばしていって
あげられるように療育活動を行なっていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで
提供している運動療育プログラムから
「方向ジャンプゲーム」をご紹介します。

指導者が「前」「後ろ」「右」「左」と方向の指示を出し、
子どもは指示された方向に両足ジャンプで跳びます。
足元に目印になるものがあるとやりやすくなります。

また、慣れるまでは「前」と「後ろ」の2方向だけで行い、
慣れてきたら「右」「左」も混ぜて行います。
ペースも、最初は子どものペースに合わせて行いますが
だんだん指導者のペースで行なうようにします。

聞く力と集中力、判断力などが必要になる遊びです。
無理のない範囲で楽しく取り入れてみてください。
できる場合は、指導者の言った方向と反対の方向に跳ぶという
遊び方にも挑戦してみると、より強い判断力や
頭の切り替え力も養うことができます。

お問い合わせはこちら