全国で注目されている運動療育のプログラムを実施する放課後等デイサービスこどもプラスの運動療育プログラム

放課後等デイサービスのご利用について

  • 資料請求はコチラ
  • 加盟教室 一覧
  • 会員専用ページ
運動保育について

最新のお知らせ

【2018.03-09】埼玉県の加盟店における指定取消処分について

【2017.03-15】本の増刷が決まりました。『発達障害の子の脳を育てる運動遊び』




個々の発達段階に合った療育活動で子ども達を支援サポートしていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

現在、児童デイサービスや放課後等デイサービスを行なっている
施設は増加していて、その活動内容も様々です。
学童保育のようにお子さんを預かるだけの所や、
幼児教室に近い教室など内容はピンキリです。

こどもプラスの教室では、独自の運動療育プログラムで
1人1人の発達段階に合わせた療育を行ない、
より効果的にスキルの習得を目指したり
症状を改善して困り事を減らしていき、スムーズな生活と
将来に向けた支援を行なっています。
これからも、子ども達1人1人の将来の姿を見据えながら
継続的な支援でサポートをしていきましょう。

今日は、こどもプラスの教室で提供している運動療育プログラムから
「しゃがみカニ歩き+障害物」をご紹介します。

平均台の上に横向きでしゃがんで乗り、カニ歩きをします。
背中を伸ばし、両手は顔の横でチョキにして最後まで維持するようにします。
平均台の途中に縄をかけて障害物を設置しておき、
障害物に当たらないようにまたいで避けながら渡って行きます。

障害物があることで、しゃがんだまま足を上げてまたぐ必要があります。
しゃがんだ姿勢で足を持ち上げるには、かなりのバランス力が
必要なので、腹筋背筋が弱い子は足を持ち上げることができません。
障害物はテープや縄など低い高さから始め、
積み木やスリッパというように少しずつ高さのあるものにも
挑戦してみてください。

苦手な子は手をつなぐ補助をしたり、平均台ではなく床で
行なっても良いです。
その場合はマットなどを使って凹凸のある地面で行なうのもおすすめです。

1人1人に合わせた遊び方で、無理なく楽しみながらステップアップを
していけるように提供してみてください。

お問い合わせはこちら

最新記事

お問い合わせはこちら