全国で注目されている運動療育のプログラムを実施する放課後等デイサービスこどもプラスの運動療育プログラム

放課後等デイサービスのご利用について

  • 資料請求はコチラ
  • 加盟教室 一覧
  • 会員専用ページ
運動保育について

最新のお知らせ

【2018.10-01】みんなと同じを目指す必要はない?

【2018.09-27】子ども達が生きやすくなる支援をしていきましょう。

【2018.09-14】特性に合わせた工夫・配慮でスムーズな生活

【2017.03-15】本の増刷が決まりました。『発達障害の子の脳を育てる運動遊び』




療育で子どものやる気や意欲も育てスキルアップにつなげましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害のある子ども達は、苦手なことやできないことが
どうしても多くあります。
周りの子はそんなに苦労しなくてもできるのに
自分だけができない、わからないことが積み重なると
自信も自己肯定感も低下し、
「どうせ頑張ってもできない」と挑戦することを
あきらめてしまうようにもなります。

それではステップアップが難しいだけでなく、
持っている力や可能性を引き出すことも困難にします。
子ども達が自分に自信を持ちながら能力を伸ばし、
いろいろなことに興味を持ったり挑戦したりして
将来につなげていけるように
日々の関わり、働きかけがとても重要です。
1人1人のニーズに合った療育活動を提供していきましょう。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から
「スタート&ストップ」をご紹介します。

「スタート」と「ストップ」の合図に合わせて
動く→止まるを繰り返して遊びます。
これによって前頭前野の活動を育てます。

合図は子ども達の認識しやすい方法が良いので、
言葉、動作など工夫して行い、
動くと止まるのメリハリを大事にしてください。
特に止まる時にピタッと止まることがポイントで、
足の指先の力も養われます。

慣れてきたらクマ歩きや後ろ歩きなど
いろいろな動きでもやってみてください。

お問い合わせはこちら

最新記事

お問い合わせはこちら