全国で注目されている運動療育のプログラムを実施する放課後等デイサービスこどもプラスの運動療育プログラム

放課後等デイサービスのご利用について

  • 資料請求はコチラ
  • 加盟教室 一覧
  • 会員専用ページ
運動保育について

最新のお知らせ

【2018.10-01】みんなと同じを目指す必要はない?

【2018.09-27】子ども達が生きやすくなる支援をしていきましょう。

【2018.09-14】特性に合わせた工夫・配慮でスムーズな生活

【2017.03-15】本の増刷が決まりました。『発達障害の子の脳を育てる運動遊び』




1人1人へのサポートで将来につながる支援を。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害はとてもグラデーションの世界なので、
定型発達との明確な線引きもなければ
1つ1つの障害間の線引きも曖昧です。
もし今具体的な診断名がついているとしても、
それだけでその子を見ることは違いますし、
この特性への対処はこうすれば解決、というような
ものも存在しません。

子ども達一人ひとりにしっかりと寄り添いながら、
毎日の生活の中での不安やストレス、困り感を
減らして生きやすくし、将来につなげていけるように
支援をしていくことが必要です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで
提供している運動療育プログラムから
「つま先ダッシュ」をご紹介します。

かかとを床につけず、つま先だけで走ります。
最初から走らず、まずは足音を立てない静かな
つま先歩きから始めましょう。
何度かやってみる中で、
音を立てないように走るためには
どんなところに気をつければいいのか、
意見を出してもらったり見本を見せてもらったり
しながら話し合ってみるのもおすすめです。

慣れてきたら、誰が一番静かに走れていたかなどで
競争してみても楽しめます。

つま先歩きは、足の親指を強く刺激することができ
足の発達を促すのにとても良い遊びです。
土踏まずの形成にも役立ちます。
足の親指がしっかり発達していないと
歩く時にうまく地面を蹴れないので、
歩き方がぎこちなかったり、転びやすくもなります。

足が発達してしっかり地面が蹴れるようになると、
歩行の安定だけでなく、速く走れるようにもなります。
ぜひ日常的な遊びの中で足の発達を促してあげてください。

お問い合わせはこちら

最新記事

お問い合わせはこちら