全国で注目されている運動療育のプログラムを実施する放課後等デイサービスこどもプラスの運動療育プログラム

放課後等デイサービスのご利用について

  • 資料請求はコチラ
  • 加盟教室 一覧
  • 会員専用ページ
運動保育について

   

新型コロナウイルスの対応について

新型コロナウイルス感染症対策、7月18日以降の当社グループの対応について

 


最新のお知らせ

【2020.05-26】新型コロナウイルス感染症対策、および緊急事態宣言発令中の当社グループの対応について

【2020.05-07】新型コロナウイルス感染症対策、および緊急事態宣言発令中の当社グループの対応について

【2020.05-01】当FC加盟店に関する報道について

【2020.4-08】停電に伴う、本社問い合わせ用電話番号一時停止のお知らせ

【2018.10-01】みんなと同じを目指す必要はない?

【2018.09-27】子ども達が生きやすくなる支援をしていきましょう。

【2018.09-14】特性に合わせた工夫・配慮でスムーズな生活

【2017.03-15】本の増刷が決まりました。『発達障害の子の脳を育てる運動遊び』




生きる力を運動療育で育んでいきます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

今は、放課後等デイサービスを行う事業者も増え、
教室ごとに様々な種類の療育を提供しています。
療育の種類は違っても、子どもの困り事を減らし、
これから社会の中で生きていくために必要な
スキルを身に付けるという目的は同じです。

いろいろな療育方法がある中で、
私たちは運動療育をメインとした療育活動を
行っています。
私たちの提供する運動療育では、運動あそびを通して
日常生活での生活力を向上させたり、学力の向上や
コミュニケーション能力の向上なども
効果的に促すことができます。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から
「ジグザグカンガルー」をご紹介します。

縄を1本床にまっすぐにして置き、
子どもは両足を閉じて跳ぶカンガルージャンプで
縄をジグザグに跳んで進みます。

ジグザグにジャンプして進んでいくためには
斜め前に跳ぶ必要があり、まっすぐ前に跳ぶ時とは
違った力を使います。
慣れていないと真横に跳んでいるだけで前に
進まなかったり、動き方がわからずその場で
止まってしまうこともあるかもしれません。
上半身との連動やバランス力などを身に付けながら
少しずつ上達を目指し、リズムよく速く進めるように
一緒に練習してみてください。

こうしたジャンプ遊びでは、体幹の筋力やリズム感を
効果的に養うことができ、生活力向上にも
つながる力になります。

遊びを通して様々な力を身に付けられることは、
子ども達にとってストレスがなく
その効果も高いものになるので、
1人1人に合わせた工夫でさらに充実した療育に
なるようにしていきましょう。

お問い合わせはこちら

最新記事

お問い合わせはこちら