全国で注目されている運動療育のプログラムを実施する放課後等デイサービスこどもプラスの運動療育プログラム

放課後等デイサービスのご利用について

  • 資料請求はコチラ
  • 加盟教室 一覧
  • 会員専用ページ
運動保育について

最新のお知らせ

【2018.10-01】みんなと同じを目指す必要はない?

【2018.09-27】子ども達が生きやすくなる支援をしていきましょう。

【2018.09-14】特性に合わせた工夫・配慮でスムーズな生活

【2017.03-15】本の増刷が決まりました。『発達障害の子の脳を育てる運動遊び』




自己肯定感を高める療育で子どもの育ちを促しサポートしていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の有無に関わらず、子ども達の自己肯定感を
育てていくことは人生を豊かにするために
とても重要なことです。
特に発達障害を持つ子ども達では、
自己肯定感が育ちにくいので周囲の関わりや
サポートが大切になります。

失敗経験の積み重ねから自信をなくしてしまっていたら
新たに自信を積み直していくことが大切です。
毎日の生活の中で小さな成功体験をたくさん積み、
それを身近な人に認めてもらえる環境が必要です。
そのためにも、1人1人に合った療育活動で
丁寧な支援・サポートを提供していきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで
提供している運動療育プログラムから
基本の「ウシガエル」をご紹介します。

ウシガエルは、跳び箱の開脚跳びにつながる遊びです。
足を横に開いてしゃがみ、両手をパーにして真ん中で
くっつけた状態で床につきながら、手→足→手→足の順番に
前に出して進んでいく動きです。

一番のポイントは、手足同時に跳ぶのではなく
手足を順番に前に出して進んでいくことです。
子ども達の中には、やっていくうちに手と足が一緒に
動いてしまう子がいると思います。
そういう子は手と足の位置が近いことが多いので、
子どもの手を持って前につかせ、
足で強くキックして前にジャンプするようにサポートします。
わかりやすいように声掛けをしてあげてください。

手と足の距離を広げるのがポイントですが、
こうすると腕にかかる負荷が増えて、体重を支えきれずに
顔から転んでしまうことが多くなるので、
マットを敷くなど安全な環境で行なってください。

また、ウシガエルでは足を股関節からしっかりと
開くことも大事なポイントです。
しゃがんでから足を開こうとすると難しいので、
足をがに股のように開いてからしゃがむようにしましょう。
今の子ども達は股関節周りが硬い子も多いので、
ぜひチェックしてみてください。

子どもの手をつく場所を明確にすることと
足を開いて体の外側につくことを覚えるために
縄ばしごを使ってみたり、小さいフープをつなげたコースを
作ったり、テープで印をつけたり、
子ども達がやりやすく、興味を持って楽しめるように
基本の動きをアレンジしながら提供していきましょう。

お問い合わせはこちら

最新記事

お問い合わせはこちら