全国で注目されている運動療育のプログラムを実施する放課後等デイサービスこどもプラスの運動療育プログラム

放課後等デイサービスのご利用について

  • 資料請求はコチラ
  • 加盟教室 一覧
  • 会員専用ページ
運動保育について

   

新型コロナウイルスの対応について

新型コロナウイルス感染症対策、7月18日以降の当社グループの対応について

 


最新のお知らせ

【2020.05-26】新型コロナウイルス感染症対策、および緊急事態宣言発令中の当社グループの対応について

【2020.05-07】新型コロナウイルス感染症対策、および緊急事態宣言発令中の当社グループの対応について

【2020.05-01】当FC加盟店に関する報道について

【2020.4-08】停電に伴う、本社問い合わせ用電話番号一時停止のお知らせ

【2018.10-01】みんなと同じを目指す必要はない?

【2018.09-27】子ども達が生きやすくなる支援をしていきましょう。

【2018.09-14】特性に合わせた工夫・配慮でスムーズな生活

【2017.03-15】本の増刷が決まりました。『発達障害の子の脳を育てる運動遊び』




スキル習得には日々の積み重ねが大事です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達は、生まれてからの毎日の生活の中で
様々な経験を積み重ねながら成長していきます。
しかし発達が気になる子ども達の場合、
日常生活を送る中で自然に身に付けていけない力があり、
それに対しては意識的に大人が働きかけて育てていく
必要があります。

特に、子ども達がこれから社会の中で生きていくためには
少なからず人と接し、関わりながら生きていかなければ
いけないので、対人関係スキルはとても大切です。
発達が気になる子ども達の多くは人間関係の
問題を抱えやすいので、その子に合った方法で
スキル習得を目指せるように支援していきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムから
「風船運び」をご紹介します。

2人一組になり、新聞紙を広げて両端をそれぞれに持ち、
平らな状態にします。
その上に風船を乗せ、風船を落とさないように
気をつけながら、ゴールまで一緒に運んでいきます。

風船を意識せずに速く走ったり、どちらかが自分勝手に
進んでいってしまうと風船はすぐに落ちてしまうので、
風船をよく見て相手と動きを合わせながら
慎重に進むのがポイントです。
風船ではすぐに落ちてしまって難しい場合は、
ゴムボールに変えてみても良いです。

そして、上手に運ぶコツを子ども達で意見を出し合って
考えてみるのもおすすめです。
話し合いをうまくサポートしてあげながら、
子ども達のコミュニケーション力や考える力などを
遊びの中で育てていきましょう。

お問い合わせはこちら

最新記事

お問い合わせはこちら