質の高い独自の療育プログラムで子ども達の成長を促します。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達は、将来的な自立した生活に
向けて早期の継続的な療育を受けることが大切です。
そうすることで、二次障害を防ぐことにもつながります。
本来、二次障害は適切に対応していれば
防げるはずのものです。

今は知識の豊富な保護者の方も多く、
子どものために、より質の高い療育を望まれる方が
とても多くなっています。

学校や家庭、医療機関とも連携しながら
独自のプログラムで子ども達の成長発達を促し、
1人1人の安心した社会生活につなげていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで
提供している運動療育プログラムの中から
「カップタッチ片足クマ」をご紹介します。

カップを間を空けながら床に置いていきます。
直線上に並べても、ランダムに配置しても良いです。
子どもはクマ姿勢から片足だけを後ろに上げた
片足クマ歩きで進みながら、カップをタッチしていきます。

片足クマは3本足という不安定な姿勢です。
その上で、目標物を見定め正確な位置に手を出して
タッチし、また歩いていくという難しい動きです。

少しずつ正確な形を目指していきながら、
慣れてきたらタッチする数を決めたり
タッチする色、タッチしてはいけない色を指定したり
友達と競争したり、いろいろなやり方で遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら