最新情報・コラム

column
タグ別アーカイブ:ASD

得意なこと苦手なことの差が大きい発達障害児。苦手な理由の見極めが重要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害など障害を抱えている子ども達は、 他の子達と比べて、得意なことと苦手なことの差が大きく開いています。 苦手なことに対しては、もちろん支援しながら能力を伸ばしていきたいのですが、 得意なこと、好きなことを伸ばすこと […]

続きを読む

発達障害児に多い姿勢の悪さは体に様々な悪影響を及ぼします。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害のある子ども達は、もともと筋力が弱かったり 体の調整やイメージが苦手で運動が苦手だったりすることで、 体幹部分の筋力が極端に弱いことがあります。 体幹の弱さは姿勢の悪さにつながり、 姿勢の悪い状態が続くことで、骨 […]

続きを読む

ASD,ADHDの子どもでは体幹の弱さが目立つことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDやADHDの子ども達には、体幹の筋力の弱さが目立つことがあります。 体幹が弱いと、じっとしていられないので多動になったり、 姿勢保持が難しい、疲れやすいといった影響もあります。 少しずつで良いので、力をつけていける […]

続きを読む

発達障害から不登校や二次的な障害につなげないために。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害での症状や特性を周囲が理解していない状態だったり、 療育などの対処を何も行なっていない場合では、 そこから二次的な障害へつながっていってしまうことが多くなります。 それは不登校やパニック障害、うつ病など様々な形で […]

続きを読む

発達障害児支援では周囲の理解、早期療育が肝です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害児支援で最も大切なことは、早期療育です。 一昔前に比べて診断技術も支援体制も充実してきています。 大事なことは、両親や周囲の大人が子どもの発達障害の特性について 理解を深め、個性を伸ばしながら、社会性生活において […]

続きを読む

発達性協調運動障害を併発していることもある発達障害児。療育で支援していきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の中には、発達性協調運動障害を併発している子も多く、 手と足、手と目、右手と左手など1つ1つの動きを 同時に行なうのが極端に苦手なことがあります。 そのため、ボール投げや縄跳び、自転車に乗るような大きな […]

続きを読む

3歳を過ぎると発達障害の特徴が目立ってくるので診断が下りやすくなります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子どもの発達には個人差があり、特に幼児期はかなり大きな差があります。 発達が少し遅いだけ、ということもありますが、 発達障害がある場合は、3歳を過ぎると発達の遅れや特徴的な行動が目立ち始めます。 発達障害と診断される前で […]

続きを読む

ASDなど発達障害児への教育ではその子の理解力に合わせた対応が必要です。 こどもプラスの運動療育プログラム

障害を持った子ども達への指導、教育には、細かな配慮が必要になります。 例えばASDの子ども達は「聞く力」が弱いことが多いので、 なかなか指示が伝わらないことがあり、伝え方に工夫をすることが必要です。 絵カードなどでの視覚 […]

続きを読む