最新情報・コラム

column
タグ別アーカイブ:発達障害 支援

LDでも日常生活の困りごとはとても多いので、支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

LD(学習障害)は知的な遅れはなく、苦手な分野以外の能力には 問題がないためなかなか理解されにくい発達障害の1つですが、 日常生活での困難は多く、支援・サポートが必要です。 字の読み書きが苦手なディスレクシアでは、 黒板 […]

続きを読む

発達障害児の子育てでは親の適切な関わりがとても大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHD、ASDなど発達障害を持つ子どもの子育てには、 発達障害のない子どもの子育てとは また違った悩みやストレス、不安があります。 ご両親がそうした不安やストレスから余裕がなくなってしまうと、 子どもの行動を冷静に受け […]

続きを読む

LD(学習障害)でも二次障害を防ぐための支援が欠かせません。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

LD(学習障害)では、苦手な分野の能力は他の分野に比べて 著しく習得が困難です。 そのため、本人は自信をなくしてしまうことが多く、 周囲の支援やサポートが欠かせません。 精神的な二次障害を合併する前にフォローが必要です。 […]

続きを読む

障害の有無に関わらず子どもの発達に大切なのは社会性を養う遊びです。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

定型発達の子でも、発達に支援が必要な子でも、 子どもの発達において大事なことは「相手を意識して動く」 「相手の動きに自分が合わせる」ということです。 日ごろの遊びの中でたくさんこの経験ができるように、 無理のない範囲で遊 […]

続きを読む

発達障害ASDでは体を動かすのが苦手な子が多いので支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症やアスペルガー症候群)では、 運動が苦手で体育の授業が苦手だったり、 手先が不器用で鉛筆がうまく持てず、字や絵を描くのが苦手、 衣服の着脱も苦手、という子ども達がとても多くいます。 それは、外からの感覚刺激 […]

続きを読む

得意なこと苦手なことの差が大きい発達障害児。苦手な理由の見極めが重要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害など障害を抱えている子ども達は、 他の子達と比べて、得意なことと苦手なことの差が大きく開いています。 苦手なことに対しては、もちろん支援しながら能力を伸ばしていきたいのですが、 得意なこと、好きなことを伸ばすこと […]

続きを読む