子どもの行動には必ず理由があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達に遅れや偏りのある子ども達と接していると、
一見理解しがたいような行動をとることがよくあります。
それは、こちらからすると突飛で「なぜ?」と
思うようなことかもしれませんが、
子ども自身にしてみれば必ず何かしらの理由があって
その行動をしています。

その子の特性と行動を合わせて考えてみると、
理由がみえてきて、どんな配慮やサポートが
あれば良いのかがわかってきます。
やはり、子ども達1人1人をよく見ることが
支援の第一歩であり、とても大切なことです。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムから
「じゃがいも迷路」をご紹介します。

マットを複数枚、縦、横、斜めにくっつけて並べ、
ジグザグのようなコースを作ります。
マットの上に仰向けに寝転がり、両膝を抱えて
丸くなったら、そのまま横にごろごろと転がります。
マットから落ちないように、
体の向きを調節しながら回転していきます。

基礎筋力が養われると共に、空間認知力やイメージ力、
身体コントロール力などがしっかり育つ遊びです。
両膝を抱え込んだ姿勢で横向きに転がるのが
難しい場合は、補助もしてあげながら行います。

楽しく転がりながら遊び、いろいろな感覚や力を
育てていきましょう。

お問い合わせはこちら