子どもの行動をプラスに捉えたくさん褒めてあげましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

育児の中では、「子どもをたくさん褒めましょう」と
いうことがよく言われます。
確かに子ども達にとって褒められることは
成長の糧になる大事な要素ですが、
やはり日常の中ではどうしても
できていない部分に目がいきがちかもしれません。

また、発達障害を持つ子ども達では
何度同じことを言われてもできなかったり、
さっき言われたことも忘れてしまったり、
物事を最後までやり終えるのが苦手だったり、
特性ゆえに褒めにくいということもあります。

ただ、だからこそ日常の小さなことからで良いので
褒めてあげることが大事だと思います。
最後までできていなくても、そこまでの過程を見れば
褒められるところは必ずあります。
療育の現場でも、家庭でも、物事をいろいろな角度から
見ながら子ども達をたくさん褒めてあげて欲しいと思います。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムから
「ウシガエルのフープ渡り」をご紹介します。

フープをいくつか縦にくっつけて並べ、コースを作ります。
ウシガエルの動きで、そのフープの中だけに手足を
ついて進んでいきます。

フープに触らないことがポイントです。
そのためには、手をつく位置を考えることが大事です。
フープの端についてしまうと足を入れる場所が
なくなってフープを踏んでしまうので、
手はフープの中央につくようにします。

こうした遊びで、ただ体を動かすのではなく
自分の体を考えて動かせる力を育てていきましょう。

お問い合わせはこちら