認められることが自ら成長していく力になります。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達にとって、両親や学校の先生という身近な大人たちは
自分を評価してくれる大事な存在です。
その大人たちに認めてもらうということは
とても大きな喜びで、自信になり、成長の糧になります。

なので、細かなところまでよく見てたくさん褒めてあげること、
時には共感したりしながらしっかりと認めてあげることが
とても大切なことです。
まずは、今その子がどんなことに興味を持っていて、
どんなことに挑戦しようとしているのかを知り、
療育活動に活かしていくことが大事です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から
「回転スキップ」をご紹介します。

両足を閉じた状態で、ジャンプをしながらその場で
回転します。
ジャンプは指導者のタンバリンの音に合わせて行います。
腕振りと膝の曲げ伸ばしがポイントになるので、
意識できるようにしていきましょう。

初めから1回転ジャンプは難しいかもしれないので、
半回転ずつでもかまいません。
ゆっくり一定のリズムのジャンプから始めて、
慣れてきたら、少しスピードを上げたり
リズムを不規則にしてみたりしながら
レベルアップをしていきます。

ジャンプ遊びでリズム感やバランス感覚、
体幹の筋力などをしっかりと養っていきましょう。

お問い合わせはこちら