日々の生活や遊びの中でルールを守る力を育てましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

保育園や幼稚園、小学校など集団生活の中では
あらゆる場面でルールを守ることが求められます。
発達障害特性を持つ子ども達にとっては
ルールを理解することや守ることが難しいことも
多いので、一人ひとりに合った方法で無理なく
身に付けていけるようサポートが必要です。

特に生活のルールは曖昧になりがちですが、
食事、身支度、トイレ、お風呂などのルールや
マナーを1つ1つしっかり覚えておくことは
子どもの将来にもつながるのでとても大切です。
また、集団活動や遊びの中でのルールを守れることも
友達との人間関係の面でとても重要なスキルです。

視覚化したり、その都度具体的に伝えること、
そして日々の遊びの中にうまく取り入れながら、
子ども達が安心して生活していけるように
サポートをしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から
「リズミカルグーパー」をご紹介します。

指導者の出すリズムに合わせて手足でグーパーの
動きをして遊びます。
自分のタイミングで動くのではなく、
相手のタイミングに合わせて動くことが
前頭前野の活性化につながります。
最初はゆっくりめのリズムで行い、
慣れてきたらスピードアップしたり
音楽のリズムに合わせて行なってみます。

難易度調整は、指示を口頭で伝えるだけでなく
カードなどの道具を使ってみる、
グーパー交互に行うだけでなく
グーを3回パーを3回など回数を決めるといった
やり方もあります。
子ども達に合わせてアレンジしながら、
リズム感、跳躍力、バランス力、集中力、判断力、
そしてそれぞれの課題である力を効果的に
育てていきましょう。

お問い合わせはこちら