ADHDへの投薬治療はあくまでも生活のサポートで療育活動が重要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDは日常生活への支障が大きい場合、
投薬による治療も並行して行なうことがあります。
投薬によって障害特性を抑えながら
生活の中での困難さを和らげ、失敗経験を減らして
成功体験を増やしていくこと、
その上でスムーズに生活していくために必要な力を
身につけていくことが大事です。

自分の特性をよく知り、生きていく力をしっかりと
身に付けていけるように支援サポートをしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの
教室で提供している運動療育プログラムから
「跳び箱からフープジャンプ」をご紹介します。

低めの跳び箱とフープを用意し、
フープは跳び箱の前に着地位置の目印として置きます。
子どもは跳び箱の上に乗り、
フープの中をめがけてジャンプし両足で着地します。

ジャンプをする時は腕を振ること、
跳ぶ時も着地をする時も両足を閉じて行なうことが
ポイントです。
着地もフラフラせずピタっと止まれるようにしましょう。

この遊びでは、跳び箱からフープまでの距離を計算し、
それに必要なジャンプの大きさ、力加減などを
イメージして行なうことで
空間認知力や身体コントロール力が養われます。

慣れてくるとフープを遠くしたり
跳び箱を高くしたりしがちですが、
怪我のリスクが高まります。
安全に難易度を上げるやり方としては、
フープを左右にずらす、
フープを3つ4つとつなげて、着地の後に
連続ジャンプをするなどがおすすめです。

子ども達一人ひとりの育てたい力に合わせながら、
楽しく効果的な運動あそびで発達をサポートしていきましょう。

お問い合わせはこちら