療育では小さな成功体験の積み重ねで自信を育みましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達が自信をつけていくためには
成功体験が大事だということはよくいいます。
そうすると、大きな成功体験をイメージしやすいですが、
大きな成功体験を得るには時間も労力も必要で、
やはりリスクも伴います。
また、大きな成功体験の前には、
実はたくさんの小さな成功体験の積み重ねがあります。

なので、まずは小さな成功体験をたくさん積んで
自信をつけながらその取り組みを継続させ、
確実に力にしていくことが大切になります。

こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動あそびは、子ども達にとって
遊び感覚で行なえ、しかも上達がわかりやすいものなので
たくさんの成功体験を実感するのにとても有効です。

今日は、その運動療育プログラムの中から
「逆上がりキック」をご紹介します。

鉄棒を逆手で握り、肘を曲げて脇をしめ、
体を鉄棒に引き付けておきます。
足は前後に開き、前の足は鉄棒よりも前に出します。
鉄棒上には風船などの目標物を掲げておき、
鉄棒を握ったら目視します。

そのまま足を蹴り上げて片足で目標物を
キックしながら逆上がりをします。
まだ回れない場合は、補助で回してあげてください。

逆上がりができない理由の1つとして、
足をどこに向かって蹴り上げたら良いかわからず、
前方向に蹴りだして体が流れてしまうことがあります。
目標物があることで蹴る位置がわかり、
逆上がりの達成につながりやすくなります。
途中で目標物から視線が外れると
顎が開いて失敗しやすくなるので、
跳ぶ瞬間も跳躍中も目標物から目を離さずに
回れるように声掛けしていきましょう。

まだ回れない子も、補助で回してあげることで
イメージがつかみやすくなりますので、
適度な補助も行いながら、少しずつ逆上がりという
目標に向かって力をつけてみてください。

お問い合わせはこちら