褒めることで良い行動を増やし子どもを伸ばしていきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

私たち大人は、子どもの不適切な行動や言動、
できない部分などについ目がいってしまいがちで、
気がつけば一日注意してばかりいた、
ということもよく聞く話です。

しかし、子ども達にはやはり褒められることが必要です。
褒められることで自信や自己肯定感が高まり、
良い行動や適切な行動を増やしながら
子どもを良い方向に伸ばしていくことにつながります。

子どもの頃の経験・体験はその後の人生を大きく
左右するものなので、子ども達の将来を
しっかりと見すえながら毎日の療育活動を
丁寧に行なっていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで
提供している運動療育プログラムから
「すずめポイントジャンプ」をご紹介します。

鉄棒に両手でつかまって飛び乗ったら、
肘を伸ばして顔を前に向け、
両足は揃えて後ろに伸ばしてすずめの姿勢になります。
そして両足を揃えたまま前後に振って
反動をつけます。
何度か振ったらタイミングよく後ろにジャンプして、
両足で着地をします。

それができたら、少しずつ狙った位置に着地できるように
していきます。
着地するマットの上にいくつか線を引いておき、
まずはどこの線まで飛べるかチャレンジしてみます。
次の段階では、どの線に着地するかを
飛ぶ前に宣言してからやってみます。

足の振りが弱かったり、飛ぶときにタイミングが
合わないと、遠くまで飛べず真下に落ちて
鉄棒に顎などをぶつけてしまうことがあります。
飛ぶタイミングの声掛けをしてあげたり、
飛ぶ時に鉄棒を手で押すように伝え、
必ず横で補助について行なうようにしてください。

さらに慣れてきたら、線の間隔を広げてみたり、
点数制にして競ってみても楽しめます。
子ども達に合わせたアレンジで楽しく取り入れて
みてください。

お問い合わせはこちら