子ども達の将来の生活につながる療育支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子どもの成長発達はずっと同じスピードで
進んでいくものではありません。
進んだり戻ったりを繰り返して成長していきます。

それが発達障害のある子ども達であれば尚更で、
成長のスピードにはとても個人差があります。
療育を行なったからといって、
短期間で劇的に変化するわけではありません。
そのため、先々のことを考えて不安になったり
心配事は尽きないことと思います。

そんな中で、苦手なことや困難なことが
人よりたくさんあったとしても、
それらを補う方法や自分なりの対処法を見つけて
安心して生活ができるように
サポートしてあげることが大切です。

子ども達の将来を見据え、日々の療育活動を
丁寧に行なっていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで
提供している運動療育プログラムから
「1本線のクマ歩き」をご紹介します。

床にビニールテープなどで1本線を作り、
その線の上だけをクマ歩きで進んでいきます。
手や足が線から落ちないように、
ゆっくりで良いので正確に渡っていきましょう。

そのとき、手や足が落ちていないか気になって
顔が下を向いてしまいがちですが、
顔は前に向けて歩くようにします。

集中力や抑制力が必要になり、
意外と筋力的にもきつい動きになるので、
短めの距離から始めて少しずつ長い距離に
挑戦していくようにしましょう。

繰り返し行なうことで、バランス力や支持力が育ち、
基礎筋力がつくことで身体コントロール力も
養われてきます。
子どもの育てたい力に合わせたアレンジなども
加えながら、繰り返しできるように楽しく取り入れていってください。

お問い合わせはこちら