楽しい取り組みと具体的な評価で子どもの力を伸ばします。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達の成長発達の中では、何かに楽しみを持って取り組む
ということがとても大事なことです。
好きなことや楽しいことには言われなくても
どんどん取り組むので上達も早くなります。
上達すると周りから褒められるのでまたさらに頑張って
取り組むようになり、良い循環になっていきます。

この時重要なのが大人の声の声掛けです。
子どもの頑張りに対してしっかり評価をしてあげると
子どもはまたそこに取り組みますが、
そうでなければ子どもはやめてしまいやすくなります。

もしうまくいかなくても、大変だったところに共感するなど
頑張った過程や姿勢を褒めてあげると次につながります。
運動でも学習でも遊びでも、子どもを丁寧に見ながら
うまく力を引き出し伸ばしていく関わりが大切です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムの中から
「忍者の開脚跳び」をご紹介します。

跳び箱を開脚跳びで跳び越します。
長い助走は必要ありません。
踏み切る時は足を閉じて跳び、跳ぶのと同時に足を開いて
着地ではまた足を閉じるようにします。
そして、着地と同時に静止してポーズを決めます。
着地までしっかり行なうのがポイントなので、
自分の好きなポーズをとってもらうと良いです。

踏切が両足でできなかったり、
足閉じ→開脚→足閉じの動きが難しい子は、
補助を行いながら動きを分解して練習したり、
違う遊びを行なうなどして段階を踏んでみます。
勢いだけで行なうのではなく、1つ1つの動きを理解して
行なえるようになることが大事です。

まずは楽しく興味を持って行なえるように、
様々な工夫やアレンジ遊びで少しずつ力をつけていきましょう。

お問い合わせはこちら