子どもの特性・興味・発達に合わせた取り組みで療育の効果が高まります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害や発達障害の特性を持つ子ども達は、
定型発達の子ども達と比べるとその発達に遅れや
凹凸がありますが、少しずつその子のペースで
成長・発達をしています。
そして、ペースはゆっくりで、できることと
できないことの差も大きいですが、
発達のステップはみんな同じステップを
踏んで進んでいきます。

なので、その子が今何に興味を持っているのか、
何ができて何ができないのかを明確にしていくことで、
今何をしてあげるべきか、どんなところを意識して
どんな対応をしてあげれば良いのか、
というところが見えてくるので、
まずはその見極めが重要になってきます。

子ども達が少しずつでも確実に、必要な力を補い
自分のペースで成長していけるように
サポートをしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムから
鉄棒遊びの「エントツ」をご紹介します。

まず鉄棒で逆さまにぶら下がるコウモリの姿勢から、
足を真上に向かって伸ばしていき、
身体がまっすぐになったら顎を開いて地面を見ます。
身体をまっすぐにするためには、
上に伸ばした両足の親指に力を入れるのがポイントです。
そして、腕と腹筋、背筋でバランスを保ちながら
体重を支えます。

補助は、コウモリからお尻を抜く時に落下しやすいので
手首を持ってあげるようにします。
また、お尻が抜きにくい場合は指導者が膝で
子どもの背中辺りを少し押しながら、
足を持って上に上げてあげると良いです。

鉄棒ではいつも落下のリスクがあるので
最後まで気を抜かないように声掛けしながら、
補助でも着地まで両足を持っておくようにしてください。

うまくできるようになってきたら
このエントツの姿勢でしりとりやなぞなぞを行い、
逆さまの状態で考えたり言葉を発するような展開をして
より強い逆さ感覚、集中力や判断力、思考力などを
養っていきましょう。

お問い合わせはこちら