子どもの興味に合わせた働きかけが療育の効果を高めます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子どもに何かを教えたい時は、その子の興味のあることに
合わせてあげると自主性も高まり効果的です。
興味を知るにはやはりよく観察することが大切ですよね。
例えば車のおもちゃで遊んでいる時、
形や色で分類して遊んでいる子と
ぶつけて遊んでいる子では、同じ「車」で遊んでいても
その目的や興味は違ってきます。

その子が今どんなことに興味を持っているかがわかれば、
どんな働きかけが効果的か見えてくるので、
後はそこにこちらが教えたいことをくっつけて
あげればいろいろな力がついていきます。

家庭での声掛けや関わりにつながってくるところも
あるので、保護者の方との連携もしっかりとりながら
子ども達の育ちをサポートしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで
提供している運動療育プログラムの中から
「イメージカンガルーカップタッチ」をご紹介します。

赤、黄、緑などの複数の色のカップを床に
ランダムに並べておきます。
子どもは、両足をくっつけて跳ぶカンガルージャンプで
進みながら、指導者に指示された色のカップを
しゃがんでタッチしていきます。

「赤」という指示でできたら、次は「消防車の色」など
その色をいろいろな表現からイメージして判断して
行なうようにしてみます。
それもできたら、次はこちらの指示した色のカップを
タッチするのではなく、子どもが自分でタッチしたカップの
色の物を言ってみるなど、アレンジを加えていきます。

他にも、時間制限を設けてみると難易度は上がりますが
楽しめる子もいるので、それぞれに合った方法で遊び、
力を育てていきましょう。

お問い合わせはこちら