発達障害では特性を知ることで必要な支援や対処法につながります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害は障害と定型の明確な線引きがないこともあり
診断がとても難しいものですが、
大事なのは診断の有無よりも、特性を知ることで
苦手なことや得意なことを知り、
日常生活や対人関係での自分なりの対処法を
見つけていくことです。

特性があっても、困り事に対して
自分で対処していくことができれば、
それはもう障害の診断の必要はなくなります。

今たくさんの困り事を抱えている子ども達には、
特性を無くすことはできませんが、
1つ1つの困り事を減らすために、
得意なことでカバーする力を身につけたり、
困りそうだと思ったら事前に回避する能力を身につけたり、
少しずつ必要なスキルを身に付けていけるように
1人1人に合った療育支援が必要です。

こどもプラスの放課後等デイサービスでは
1人1人に合わせた幅広い療育で、
子ども達の発達を促していきましょう。

今日はこどもプラスの教室で提供している
運動療育プログラムから「方向ジャンプゲーム」を
ご紹介します。

指導者と子どもで向かい合って立ち、
指導者が「前」「後ろ」「右」「左」とリズムよく
方向の指示を出し、子どもは指示された方向に
両足を揃えてジャンプします。

最初のうちは「前」「後ろ」の2方向だけで行い、
指導者も前で一緒に動いてあげると良いです。
慣れてきたら「右」「左」も加えて
ランダムに方向を指示して難易度を上げてみてください。
集中力や判断力、リズム感なども育ちます。

やりやすいように足元にテープで四角を描いたり、
四角に切ったマットを置いて、その中に入ったところから
始めてみると、方向がわかりやすくなります。
子どもに合わせて工夫しながら、
まずは正確性よりも楽しく遊ぶことを大事にして
取り入れてみてください。

お問い合わせはこちら