困り事の解決は親にも子にも大きな自信になります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達やそのご家族は日々の生活の中で
とても多くの困り事、悩み事を抱えていると思います。
その困り事全てを解決するのは難しいことですが、
1つでも2つでも困り事が少なくなるだけで
全然違ってきます。

困り事に対して目標を定め、それが達成できると
親にとっても子どもにとっても大きな自信になるので、
1つ1つ一緒に考えながら解決の糸口を
見つけるサポートをしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで
提供している運動療育プログラムから
「カップ取り合いゲーム」をご紹介します。

カップは、ヨーグルトのカップなどを使います。
子ども達は数人ずつグループになり、
横一列に並んで座ります。
座り方は体操座りの姿勢で、両手は後ろについて
足を前に出します。

まず一番端の子が、足の親指と人差し指を使って
カップを挟んで持ち上げ、隣の友達に足で渡します。
受け取る方も足の指でカップを挟んで受け取ります。
集中しないとカップを落としてしまうので、
足を前後左右に動かしたり膝を使って
慌てずに行うのがポイントです。

慣れてきたら2人で1つのカップを取り合い(引っ張り合い)
してみましょう。
指先に強く意識を向けて動かすことができ、
足先に力を入れようとすることで
腰から下全体にも力が入るので、
腹筋や下半身の筋力が養われる遊びです。
普段姿勢保持が難しい子には特におすすめなので、
ぜひ楽しめるように工夫して提供してみてください。

お問い合わせはこちら