発達障害グレーゾーンでは適切な支援で改善しやすいのも特徴です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

自分の子どもが「発達障害グレーゾーン」だと言われたら、
不安になったりとても複雑な気持ちになる方が多いと思います。
また、現段階で発達障害ではないということでも、
実際に困っている症状があるのであれば
診断がないことで十分な支援が受けられないのではないか、
と心配になることも多いかもしれません。

しかし、診断名がついていなくても受けられる支援は
たくさんあり、グレーゾーンの子ども達は
適切な支援によって改善しやすいのも特徴です。
そのため、早期の適切な支援で困り事を減らしていくことが
大切で、将来にもつなげやすくなります。

子ども達の可能性を最大限に伸ばしてあげられるように、
1人1人に合った支援でサポートしていきましょう。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムから
「スキップで記憶遊び」をご紹介します。

まず、跳び箱、平均台、鉄棒、三角コーン、フープなどを
使ってコースを作っておきます。
このコースの中をスキップしながら回る遊びですが、
全てを回るのではなく指示された場所だけを
たどってくるようにします。

例えば
「平均台を渡る→跳び箱の上の赤いカップにタッチ→
コーンをジグザグにスキップして戻ってくる」
のように指定して行います。
移動は基本スキップですが、慣れてきたらクマ歩きや
ワニ歩きで移動する場所を作るなど、
アレンジしてみてください。

コースは1つだけでなく複数作ったり、
子ども達の意見を取り入れていろいろな動きをプラスしたり、
楽しく遊びながら個々の育てたい力の獲得にも
つながるように工夫して提供してみてください。

お問い合わせはこちら