がんばりすぎない療育で子ども達の生き辛さを軽減していきましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害があったりその特性を持っていることで、
日々様々なストレス、生き辛さを感じている子ども達がいます。
それぞれの困り事が少なくなって生活がしやすくなるように、
また、将来的な自立に向けた療育支援がとても大切です。

療育活動の中では、生活に必要なスキルの獲得や
苦手を克服するための練習やトレーニングをしたりしますが、
がんばりすぎないことが何よりも大事です。

発達障害のある子ども達は、私達が想像する以上に
日々大変な思いをしていると思います。
放課後等デイサービスの教室では、療育に楽しく取り組めることや
安心して過ごせる子ども達の居場所になるように
環境を整えて、1人1人に合った支援を提供していきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスの教室で
提供している運動療育プログラムから「つま先ダッシュ」を
ご紹介します。

かかとを上げた状態で、走ったり止まったりして遊びます。
足音を立てず静かに行なうことがポイントなので、
どんなところに気をつければ音を立てずに走れるか、
子ども達から意見を出してもらったりしながら確認します。

運動あそびでは、子ども達の意見を聞いたり
見本を見せてもらったりすることで、
コミュニケーション能力を高めたり、
人前で意見を言ったり人の意見を聞く練習をすることもできます。

つま先だけで歩いたり走ったりすることは、
足の親指に大きく負荷をかけて刺激することになります。
足の土踏まずの形成のためにも足指への負荷は大切なので、
早い段階から取り入れてみてください。

慣れてきたら、障害物を設置して、避けたりくぐったりする動きを
取り入れてみたり、グループ分けをして競争にしてみたりしながら、
少しずつステップアップを目指して遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら