支援が必要な発達障害グレーゾーンの子ども達が増加しています。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

最近では発達障害についての認識が広がってきたことや
診断技術の向上などもあり、発達障害と診断される人が
とても増えてきています。
しかし、発達障害と定型発達の境界線はとても曖昧という点や、
ASD(自閉症スペクトラム)、ADHD、LD(学習障害)などを
単独ではなく複数を合併していることも多く、
その診断や支援も簡単ではありません。

症状があっても、発達障害の診断まではいかないグレーゾーンで
様子を見るように言われただけで
必要な支援を受けられていないケースもたくさんあります。
支援を必要としている子ども達に支援が行き届くように
私達も活動をしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「幅跳びカンガルー」をご紹介します。

2本の縄を、間を数十センチ空けて床に置き、
子どもは縄の間に落ちないように大きなジャンプで跳び越えます。
幅跳びなので、両足を揃えて膝を曲げ、腕を大きく振って
ジャンプができるようにしましょう。
上半身と下半身の連動がなければ大きなジャンプが
できません。
タイミングをとりやすいように「1,2,3」と声掛けを
してあげると良いかもしれません。

また、前方向に跳ぶことで両足がバラバラになりやすいです。
直前に声掛けをしたり、足が離れないように足の間に
「魔法ののり」を塗ってあげたり、
子どもの横か前に立って手をつないでやってみたり、
その子に合った補助で上達につなげてみてください。

この遊びで、ジャンプをするための脚力や足の指先の力、
腹筋背筋、空間認知力やイメージ力を養うことができます。
初めは狭い幅から行ない、少しずつ幅を広げたり
1つ1つのポイントを正確にできるようにして
上達を目指してみてください。

お問い合わせはこちら