発達障害児の問題行動には必ず理由があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の特性を持つ子ども達では、困った行動や問題行動と
言われる行動が目に付くことが多いですが、
子どものそうした行動の裏には必ず理由があり
子ども自身も困っていることがあるので、
それをしっかりと見極めて対処していくことが必要になります。

例えば一定時間じっとして座っていられない子がいた場合、
外からの音が気になってしまう、
椅子の感覚が不快、
電気や太陽光がまぶしい、
姿勢を維持する筋力が不足している、
活動に興味が持てず集中力が維持できない、など
座っていられないという目に見える行動は同じでも
その原因となっているものは違います。

子ども自身が言葉にして伝えることが苦手なことも多いので、
子どもをよく観察し気持ちに寄り添いながらサポートして
あげることがとても大切です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「足を渡るクマ歩き」をご紹介します。

大人は床に座り、足を伸ばして開脚しておきます。
子どもはクマ歩きでこの足をまたいで渡って行きます。
足に当たったり踏まないように慎重に進みましょう。

足に当たらないように気をつけて進んでいくことで、
空間認知力や身体コントロール力、相手を意識する力も
養っていくことができます。
慣れてきたら大人は足の幅を狭くしてみたり、
変化させることで難易度を上げてみてください。

また、友達同士や家庭での親子遊びとしてもおすすめです。
相手を変えたり少しアレンジを加えたりしながら
楽しく遊んでみてください。

お問い合わせはこちら