集中力注意力が持続しにくいADHDではあらゆる場面で支障があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの子ども達は、同年齢の子と比べて集中力や注意力が
持続しにくいという特徴があります。
それが人と話をしている途中でも、テストの途中でも、
気になる物が目に入ったり他から音が聞こえたりすると
そちらへ意識が向いてしまいます。
この特性によって、生活面でも学習面でもあらゆる場面で
問題が出てきます。

他にも多動性衝動性の症状が合わさっていたり、
特性の強さや現れる症状には大きな個人差があります。
そしてこれらの症状は、放置したり不適切な対応をしてしまうと
症状が悪化したり、別の問題を引き起こしてしまうことに
つながるので、早期療育がとても大切になってきます。

個々の困り事を減らしていけるように、教室でも
丁寧にサポートをしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「カエルの足打ち」をご紹介します。

足を開いてしゃがみ、両手をパーに開いて前についたら、
腕に体重を乗せて足を蹴り上げ、空中で足打ちをします。
最初は1回足裏を打ち合わせることができれば良いです。
徐々に2回3回とチャレンジしてみてください。

足を高く上げて足打ちをするためには、顔を前に向けて行なうのが
ポイントです。
顔を下に向けていたり、最初から足を高く上げすぎると
勢いで後ろにひっくり返ってしまいます。
慣れるまではマットを敷いて行なうなどしてください。

この遊びでは、主に腕で体を支える支持力と逆さ感覚が
必要になります。
支持力があっても逆さ感覚が未熟だと足を高く上げるのが
怖いので腰が引けて足打ちができません。
この場合は逆さ感覚を養える遊びを提供していきましょう。

また、空中で足打ちをすることで腹筋から腹斜筋、大腿筋といった
筋肉を養うことができます。
トレーニングのようにならないように、楽しく取り組める工夫をし、
一人ひとりの補いたい力を見極めながら
最適な活動にしていきましょう。

お問い合わせはこちら